/2008年3月号

トップ > マガジン > 2008年3月号 > 特集:動物の知力 2008年3月号  > フォトギャラリー


定期購読

ナショジオクイズ

現在の歯ブラシの原型が登場したのは15世紀末の中国。当時、ブラシの部分に用いていたのはどの動物の剛毛?

  • ブタ
  • パンダ
  • ハリネズミ

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

動物の知力

MARCH 2008

コモンマーモセットの「モモ」
仲間のまねをして学習する。
ウィーン大学(オーストリア)

コモンマーモセットは幼いときに、年長の仲間の行動を見て、何が食べられるかを学ぶ。類人猿のように、仲間の行動をまねるという、非常に複雑な学習も可能だ。また、視界から消えた物体がなくなるわけではないことも理解している。ただし、注意力が短時間しかもたないので、あまり複雑な行動はできないだろうと、ウィーン大学のフリードリケ・ランゲは説明する。

Photograph by Vincent J. Musi

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー