/2008年3月号

トップ > マガジン > 2008年3月号 > 特集:動物の知力 2008年3月号  > フォトギャラリー


定期購読

翻訳講座

ナショジオクイズ

気候変動の研究施設があるグリーンランドは、どの国の領土?

  • ノルウェー
  • カナダ
  • デンマーク

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

動物の知力

MARCH 2008

ボーダーコリーの「ベッツィ」
人間の幼児のようにどんどん新しい言葉を覚える。
ウィーン(オーストリア)

見つめる瞳の奥で、6歳のベッツィは、いろんなことを考えているはずだ。大型類人猿よりも言葉の覚えが速く、340もの単語を理解する。その数は今も増えている。ベッツィは早くから天才ぶりを発揮した。生後10週間でお座りを覚え、その後まもなく、ボール、ロープ、紙、箱、鍵など数十の物の名前を言えば、それをもってくるようになった。今では少なくとも15人の名前と顔を覚えている。写真と実物を結びつける能力があることも、実験で確認されている。「ベッツィは人に囲まれて育ちました。私たちは彼女から犬の言葉を、彼女は私たちから人間の言葉を互いに学んでいるのです」と飼い主は言う。

(この写真は、壁紙としてダウンロードできます。)

Photograph by Vincent J. Musi

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー