/2008年3月号

トップ > マガジン > 2008年3月号 > 特集:動物の知力 2008年3月号  > フォトギャラリー


定期購読

ナショジオクイズ

写真は浮遊性のホンダワラ属の海藻、サルガッサムですが、この名前の由来となった果実は何でしょう。

  • ブドウ
  • サクランボ
  • ザクロ

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

動物の知力

MARCH 2008

ワオキツネザルの「アリスティデス」
数を数える、順番に並べるなど、知能の進化の初期段階をうかがわせる能力の芽生えがみられる。
デューク大学キツネザル研究所(米国ノースカロライナ州)

ワオキツネザルは霊長類の中でも原始的な部類に入るが、簡単な数はわかっているようだ。デューク大学のエリザベス・ブラノンの実験では、タッチスクリーンにでたらめな順序で次々に表示された画像を見て、ワオキツネザルはその順序を再現できた。量の多い少ないを区別する能力もある。「テストには何百回でも付き合ってくれますよ」とブラノンは言う。「学習方法を学習する」につれ、正解率が高まったという。

Photograph by Vincent J. Musi

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー