/2007年12月号

トップ > マガジン > 2007年12月号 > 特集:奇妙な恐竜たち > フォトギャラリー


定期購読

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

奇妙な恐竜たち

DECEMBER 2007

アマルガサウルス
特徴: 2列のとげが波打つ背中
時代: 1億3000万~1億2500万年前
生息地: アルゼンチン

アマルガサウルスの椎骨から突きでた2列のとげは、無用の長物だったと考えられている。竜脚類のこの恐竜が1991年に発見されたとき、古生物学者は謎のとげの役割に首をひねった。こんなにきゃしゃなとげでは、外敵から身を守るにはほとんど役に立たなかっただろう。

Base Model by 422 South/Art by Renegade 9

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー