/2007年12月号

トップ > マガジン > 2007年12月号 > 特集:奇妙な恐竜たち > フォトギャラリー


定期購読

記事ランキング

ナショジオクイズ

1990年以降に妊産婦の死亡率が上昇している先進国はわずか2カ国。セルビアとあともうひとつはどこの国でしょうか?

  • 米国
  • ドイツ
  • 日本

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

奇妙な恐竜たち

DECEMBER 2007

ドラコレックス
特徴: 角だらけの頭と鼻
時代: 6700万~6500万年前
生息地: 北米

ドラコレックスの頭部は、どこもかしこも角やこぶだらけ。中世の伝説に出てくる怪物そのものだ。だがその実態は、名前から想像するような火を噴く「竜の王」というよりも、花を食べるイノシシを思わせるものだった。米国サウスダコタ州でアマチュアの化石ハンターが発見したドラコレックスは、草食恐竜のパキケファロサウルス科に分類された。この科の恐竜は、こんもりとした分厚い頭骨が特徴で、オオツノヒツジのように武器として使っていたようだ。ドラコレックスの頭骨はわりあい平たいが、彼らも頭をぶつけあっていたのだろうか? 古生物学者のロバート・バッカーは、それを否定する理由はないと言う。アフリカの森にすむ大型のイノシシは、敵から身を守るために平たい頭と長い鼻を使い、雌をめぐって雄同士が激突する。

Photograph by Ira Block, photographed at the Children’s Museum of Indianapolis

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー