/2007年12月号

トップ > マガジン > 2007年12月号 > 特集:奇妙な恐竜たち > フォトギャラリー


定期購読

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:森林火災を防ぐため、オーストラリア先住民の人々が復活させた伝統的手法とは?

  • 火入れ
  • 植林
  • 放牧

答えを見る



特集

奇妙な恐竜たち

DECEMBER 2007

デイノケイルス
特徴: 大きすぎる前肢とかぎ爪
時代: 7000万年前
生息地: モンゴル

構造的に見ると、デイノケイルスの前肢とかぎ爪は、ダチョウに似て足が速く、前肢で獲物を捕まえていた恐竜、オルニトミムス類に似ている。しかし、オルニトミムス類の前肢と全身の比率をもとに、デイノケイルスの体長を割りだすと、体長が12メートルにもなる。あるいは、体はもっと小さく、前肢だけが極端に長かったのかもしれない。トマス・ホルツは、「全体像はまだ謎だ。オルニトミムス類ですらないかもしれないが、それならいったい何者なんだろう?」と首をかしげる。

Base Model by 422 South/Art by Pixeldust Studios

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー