/2007年10月号

トップ > マガジン > 2007年10月号 > 特集:知られざる洞窟生物の世界 > フォトギャラリー


定期購読

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:米国の五大湖すべてを足した面積に近いのは次のうちどれでしょう。

  • 北海道
  • 日本の本州
  • 日本全土

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

知られざる
洞窟生物の世界

OCTOBER 2007

  • クビブトツムギヤスデ科の一種<br>体長32ミリ、ヒドゥン洞窟
  • ハグモ科 <i>YORIMA</i>属の新種(未記載種)<BR>体長5ミリ、クラフ洞窟
  • ウズムシ科の一種<br>体長5ミリ、クリスタル洞窟
  • ヘリツメグモ科 <i>TITIOTUS</I>属の新種<BR>体長22ミリ、クラフ洞窟
  • ヤギヌマグモ科 <I>USOFILA</I>属の新種<BR>体長2ミリ、カウィア洞窟
  • ヤギヌマグモ科 <I>USOFILA</I>属の新種<BR>体長2ミリ、クラフ洞窟
  • ツチカニムシ科の一種<br>体長4ミリ、カウィア洞窟
  • ヤドリカニムシ科<i>Tuberochernes</i>属の新種<BR>カウィア洞窟
  • コケカニムシ科<i>Fissilliercreagris</i>属の新種<BR>ヒドゥン洞窟
  • ツチカニムシ科<i>Neochthonius</i>属の新種<BR>クラフ洞窟
  • アカザトウムシ科<i>Calicina</I>属の新種<BR>カウィア洞窟
  • ナガワラジムシ科<i>Brackenridgia</i>属の一種<BR>クラフ洞窟
  • イシムカデ科の一種<BR>カウィア洞窟
  • トゲイシムカデ科の一種<BR>ロスト・ソルジャーズ洞窟
  • サラグモ科<i>Oaphantes</i>属の新種<BR>カーモー・クレバス
  • <i>Nearctodesmidae</i>科のヤスデの一種<br>カウィア洞窟
  • マシラグモ科<i>Calileptoneta</i>属の新種<br>クラフ洞窟
  • サラグモ科<i>Oaphantes</i>属の新種<br>パラダイス洞窟
  • カガチグモ科<i>Orthonops</I>属の新種<Br>ウォーク・ソフトリー洞窟
  • ヤリヤスデ科<i>Taiyutyla</i>属の新種<br>ハリケーン・クロール洞窟
  • ナガコムシ科の一種<BR>ウルサ・ミノル洞窟
  • ブラシザトウムシ科<i>Taracus</I>属の新種<BR>パノラマ洞窟
  • ブラシザトウムシ科<i>Taracus</I>属の新種<BR>ペット・セメタリー洞窟

多彩な進化を遂げ、大小さまざまなものがいる洞窟生物だが、圧倒的に多いのは小型の動物だ。生物学者のジーン・クレイチャは、その理由をこう説明する。「小さければ、食料が乏しくても生き延びられます。餌の確保がままならない環境では、この利点は重要なのです」。岩の割れ目にはさまった生物の死骸、天井のひび割れに伸びた植物の根、巣穴に潜む虫など、狭い場所にある餌をとるにも、小さいほうが有利だ。写真は、シエラネバダ山脈の洞窟で最近発見された節足動物たち。小型のムカデや微小なカニムシ、目のない真洞窟性動物もいれば、多少の視力をもつ好洞窟性動物も含まれている。

Photograph by David Liittschwager

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー