/2007年10月号

トップ > マガジン > 2007年10月号 > 特集:知られざる洞窟生物の世界 > フォトギャラリー


定期購読

ナショジオクイズ

Q:コロナ禍の影響で2020年は世界のCO2排出量が減少すると予測されていますが、その前に排出量を減らした世界的な出来事といえば次のうちどれでしょう。

  • 世界金融危機
  • アメリカ同時多発テロ
  • 湾岸戦争

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

知られざる
洞窟生物の世界

OCTOBER 2007

  • クビブトツムギヤスデ科の一種<br>体長32ミリ、ヒドゥン洞窟
  • ハグモ科 <i>YORIMA</i>属の新種(未記載種)<BR>体長5ミリ、クラフ洞窟
  • ウズムシ科の一種<br>体長5ミリ、クリスタル洞窟
  • ヘリツメグモ科 <i>TITIOTUS</I>属の新種<BR>体長22ミリ、クラフ洞窟
  • ヤギヌマグモ科 <I>USOFILA</I>属の新種<BR>体長2ミリ、カウィア洞窟
  • ヤギヌマグモ科 <I>USOFILA</I>属の新種<BR>体長2ミリ、クラフ洞窟
  • ツチカニムシ科の一種<br>体長4ミリ、カウィア洞窟
  • ヤドリカニムシ科<i>Tuberochernes</i>属の新種<BR>カウィア洞窟
  • コケカニムシ科<i>Fissilliercreagris</i>属の新種<BR>ヒドゥン洞窟
  • ツチカニムシ科<i>Neochthonius</i>属の新種<BR>クラフ洞窟
  • アカザトウムシ科<i>Calicina</I>属の新種<BR>カウィア洞窟
  • ナガワラジムシ科<i>Brackenridgia</i>属の一種<BR>クラフ洞窟
  • イシムカデ科の一種<BR>カウィア洞窟
  • トゲイシムカデ科の一種<BR>ロスト・ソルジャーズ洞窟
  • サラグモ科<i>Oaphantes</i>属の新種<BR>カーモー・クレバス
  • <i>Nearctodesmidae</i>科のヤスデの一種<br>カウィア洞窟
  • マシラグモ科<i>Calileptoneta</i>属の新種<br>クラフ洞窟
  • サラグモ科<i>Oaphantes</i>属の新種<br>パラダイス洞窟
  • カガチグモ科<i>Orthonops</I>属の新種<Br>ウォーク・ソフトリー洞窟
  • ヤリヤスデ科<i>Taiyutyla</i>属の新種<br>ハリケーン・クロール洞窟
  • ナガコムシ科の一種<BR>ウルサ・ミノル洞窟
  • ブラシザトウムシ科<i>Taracus</I>属の新種<BR>パノラマ洞窟
  • ブラシザトウムシ科<i>Taracus</I>属の新種<BR>ペット・セメタリー洞窟
ツチカニムシ科の一種
体長4ミリ、カウィア洞窟

このカニムシは、恐るべき捕食者だ。毒を放つ巨大なはさみを武器に、手ごわい相手とも安全な距離を保ちながら、しっかりとつかまえる。一つの洞窟に、3種のカニムシが生息していた例もあった。ジョエル・デスペインに言わせると「カニムシたちはいわば、洞窟のサメ」なのだ。

Photograph by David Liittschwager

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー