/2007年9月号

トップ > マガジン > 2007年9月号 > 壁紙


定期購読

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:恐竜のイメージをがらりと変え、今では恐竜研究の標準的な手法となっている医療用技術は次のうちどれでしょう。

  • 内視鏡
  • エコー
  • CTスキャン

答えを見る

ナショジオとつながる



壁紙

SEPTEMBER 2007

  • イタリアの火山
  • ロッキーへの玄関口
  • 氷が刻んだ地形
  • エチオピアの火山
  • 生命の海の島々
  • 夏の吹雪
  • 抜群の反応
  • 長い旅の途中
  • 流れにまかせて
  • パプアニューギニアの火山
  • 運命の分岐点

抜群の反応

抜群の反応

アギトアリの大顎(おおあご)には鋭敏な感覚毛がついていて、獲物になる昆虫がその毛に触れると瞬時に閉じる。これほど反応のすばやい動物はほかにいない。静止した顎は0.13ミリ秒で時速230キロにまで加速する。これは人間のまばたきの2300倍の速さだ。天敵の体などに触れた場合は、即座に閉じるこの顎の反動でアリは宙を跳んで逃げる。

写真=Mark W. Moffett
2007年9月号「知られざるアリたちの驚異」より

モニターのサイズに合わせて画像をダウンロードして下さい。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー