/2007年9月号

トップ > マガジン > 2007年9月号 > 特集:インドネシアの生命あふれる海 > フォトギャラリー


定期購読

記事ランキング

ナショジオクイズ

写真の女性が始めて、社会的なムーブメントとなったハッシュタグとは?

  • #MeToo
  • #IceBucketChallenge
  • #KuToo

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

インドネシアの
生命あふれる海

SEPTEMBER 2007

  • キンメモドキ 学名<i>PARAPRIACANTHUS RANSONNETI</i>
  • カスリヘビギンポ 学名<i>UCLA XENOGRAMMUS</i>
  • ウミエラカニダマシの仲間  学名 <i>PORCELLANELLA SP.</i>
  • オニイトマキエイ  学名 <i>MANTA BIROSTRIS</i>
  • ウミウシカクレエビ  学名 <i>PERICLIMENES IMPERATOR</i>
  • ブルーテールユニコーンフィッシュ(ハギ)  学名 <i>NASO CAERULEACAUDA</i>
  • コショウダイの仲間  学名 <i>PLECTORHINCHUS POLYTAENIA</i>
  • テッポウウオ 学名<i> Toxotes jaculatrix</i>
  • ピグミーシーホース  学名 <i>HIPPOCAMPUS DENISE</I>
  • ウミウサギガイの仲間  学名 <I>PRIONOVOLVA SP.</i>
  • テンジクザメの仲間  学名 <i>HEMISCYLLIUM SP.</i>
  • アラフラオオセ  学名 <i>EUCROSSORHINUS DASYPOGON</i>
  • ミズクラゲ  学名 <i>AURELIA AURITA</i>
ウミウサギガイの仲間 学名 PRIONOVOLVA SP.

間近で見ると派手な模様をしたウミウサギガイの仲間も、遠くから見るとピンクと白のソフトコーラルに隠れて気づかない。この貝は普段、殻を自らの体で覆っているので、貝殻はピカピカだ。

Photograph by David Doubilet

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー