/2007年9月号

トップ > マガジン > 2007年9月号 > 特集:インドネシアの生命あふれる海 > フォトギャラリー


定期購読

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

ナショジオクイズ

Q:米国の五大湖すべてを足した面積に近いのは次のうちどれでしょう。

  • 北海道
  • 日本の本州
  • 日本全土

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

インドネシアの
生命あふれる海

SEPTEMBER 2007

  • キンメモドキ 学名<i>PARAPRIACANTHUS RANSONNETI</i>
  • カスリヘビギンポ 学名<i>UCLA XENOGRAMMUS</i>
  • ウミエラカニダマシの仲間  学名 <i>PORCELLANELLA SP.</i>
  • オニイトマキエイ  学名 <i>MANTA BIROSTRIS</i>
  • ウミウシカクレエビ  学名 <i>PERICLIMENES IMPERATOR</i>
  • ブルーテールユニコーンフィッシュ(ハギ)  学名 <i>NASO CAERULEACAUDA</i>
  • コショウダイの仲間  学名 <i>PLECTORHINCHUS POLYTAENIA</i>
  • テッポウウオ 学名<i> Toxotes jaculatrix</i>
  • ピグミーシーホース  学名 <i>HIPPOCAMPUS DENISE</I>
  • ウミウサギガイの仲間  学名 <I>PRIONOVOLVA SP.</i>
  • テンジクザメの仲間  学名 <i>HEMISCYLLIUM SP.</i>
  • アラフラオオセ  学名 <i>EUCROSSORHINUS DASYPOGON</i>
  • ミズクラゲ  学名 <i>AURELIA AURITA</i>

クリ島近辺のサンゴ礁のなかでも、潮流にもまれ、4.6メートルほどの高さまでのびたこのサンゴは別格だ。密集したキンメモドキの群れが、ウミウチワやソフトサンゴの合間を泳いでいく。もう少し体の大きい、ベラ(左)などの魚が、小さな魚の群れの中を通り抜けていく様子は、まるでニューヨークのタイムズ・スクエアのようだ。

Photograph by David Doubilet

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー