/2007年9月号

トップ > マガジン > 2007年9月号 > 特集:知られざるアリたちの驚異 > 豆知識など


定期購読

ナショジオクイズ

Q:現在のEVとはまったく違いますが、電気で走る車はエンジンで駆動する車が登場した頃からありました。その当時、電気で走る自動車を手がけていた自動車工学者といえば誰でしょう?

  • ルイ・シボレー
  • エンツォ・フェラーリ
  • フェルディナント・ポルシェ

答えを見る



特集

知られざる
アリたちの驚異

SEPTEMBER 2007

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。

豆知識

 アリは、地球上で最も成功している生き物のひとつだと考えられている。その生息数は、驚くほど多い。バイオマス(生命体の数)で考えると、アリは地上の動物バイオマスの少なくとも15%を占めている。アマゾンのような熱帯地域では、この数字は25%かそれ以上にまで達する。つまり、アマゾンの熱帯雨林で、1ヘクタールの土地に800万以上のアリが存在することになる。コートジボアールのサバンナでは、その数は2000万にものぼる。

 アリが生物の中で成功者と呼ばれる理由には、その生息数の多さだけではなく、生息地域の広さもあげられる。固有のアリが存在しない地域は、南極大陸、グリーンランド、アイスランド、ポリネシアの一部、それに大西洋とインド洋の大陸から離れた場所に浮かぶ、ごく少数の島々のみに限られる。

文=アリス・S・ジョーンズ


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー