/2007年9月号

トップ > マガジン > 2007年9月号 > 特集:知られざるアリたちの驚異 > フォトギャラリー


定期購読

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:次の生き物のうち、カブトガニに最も近いのはどれでしょう?

  • クモ
  • カニ
  • カメ

答えを見る



特集

知られざる
アリたちの驚異

SEPTEMBER 2007

  • アギトアリの一種 学名 <I>Odontomachus hastatus</i><BR>体長約16ミリ
  • クビレアリ属の未確定種 学名<I>Dorymyrmex n. sp.</i> 体長3ミリ<BR>シュウカクアリ属の1種 学名<I>Pogonomyrmex maricopa</i> 体長7.5ミリ
  • クビレアリ属の未確定種 学名<I>Dorymyrmex n. sp.</i> 体長3ミリ<BR>シュウカクアリ属の1種 学名<I>Pogonomyrmex maricopa</i> 体長7.5ミリ
  • クビレアリ属の未確定種 学名<I>Dorymyrmex n. sp.</i> 体長3ミリ<BR>シュウカクアリ属の1種 学名<I>Pogonomyrmex maricopa</i> 体長7.5ミリ
  • クビレアリ属の未確定種 学名<I>Dorymyrmex n. sp.</i> 体長3ミリ<BR>シュウカクアリ属の1種 学名<I>Pogonomyrmex maricopa</i> 体長7.5ミリ
  • クビレアリ属の未確定種 学名<I>Dorymyrmex n. sp.</i> 体長3ミリ<BR>シュウカクアリ属の1種 学名<I>Pogonomyrmex maricopa</i> 体長7.5ミリ
  • カクレウロコアリ属の一種 学名 <I>Basiceros singularis</i><BR>体長4.5ミリ
  • ナガアリ属の一種 学名 <I>Stenamma alas</i><BR>体長3ミリ
  • ナガアリ属の一種 学名 <I>Stenamma alas</i><BR>体長3ミリ
  • ナガアリ属の一種 学名 <I>Stenamma alas</i><BR>体長3ミリ
  • ナガアリ属の一種 学名 <I>Stenamma alas</i><BR>体長3ミリ
  • ナベブタアリ属の1種 学名 <I>Cephalotes atratus</i>
  • キッカイアリ属の1種 学名 <I>Thaumatomyrmex sp.</i> 体長2.5ミリ
  • キッカイアリ属の1種 学名 <I>Thaumatomyrmex sp.</i> 体長2.5ミリ
カクレウロコアリ属の一種 学名 Basiceros singularis
体長4.5ミリ

清潔さにまるで無頓着なのが、南米エクアドルのカクレウロコアリだ。かつては希少種と思われていたが、実はごく普通にみかけるアリだ。普通でないのはその不潔さだ。細かい毛のはえた体を泥まみれにして、カムフラージュしている。動きはカタツムリのようにのろいが、カタツムリを餌にするので問題はない。巣はたいてい熱帯雨林の落ち葉の下にあり、10匹ほどの働きアリと1匹の女王アリがコロニーを形成している。私は、このアリの小さなコロニーをシャーレに採集し、働きアリが幼虫にカタツムリを与えるところを撮影した。幼虫は、アイスクリームを舐めるように、殻の中身を盛んにすすった。

Photograph by Mark W. Moffett

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー