/2007年8月号

トップ > マガジン > 2007年8月号 > 特集:新説 マヤ文明 その繁栄と崩壊 > フォトギャラリー


定期購読

ナショジオクイズ

Q:太古の昔から大規模な移動を繰り返してきたアフリカ、セレンゲティのオグロヌー。その大移動で正しいのは次のうちどれでしょう。

  • 一直線に移動
  • 時計回りに移動
  • ジグザグに移動

答えを見る



特集

新説 マヤ文明
その繁栄と崩壊

AUGUST 2007

  • 夜空に浮かぶ「鳩の館」
  • 翡翠の仮面
  • 「西方の君主」
  • 新時代の幕開け
  • 外部からの影響
  • シヤフ・カックの征服作戦
  • 歴史の秘密を明かす石碑
  • 洗練された美意識
  • カカオの姿をした女神
  • 小さな埋葬品
  • 神が手にしているもの
  • 王座を去る日
  • ティカルの栄光
  • パカル王が残したもの
  • 天体の神秘
  • 顔が並ぶ壁
  • 交易の中心地の威光
  • 聖なる場所と観光客
  • 闘う運命の兄弟
  • 贅を尽くした服装
  • 命がけの球技
  • 宮廷の優雅な暮らし
  • 特権階級が好んだ飲み物
  • 王権を支えた秘儀
  • 最後に刻まれた日付
  • 戦士型の楽器
  • 捕虜となった貴族
  • 貴族の処刑
  • 今も眠る遺物たち
  • 森の聖なるネコ
森の聖なるネコ

森の聖なるネコ
Photograph by Kenneth Garrett

メキシコのテノシケで行われた四旬節前の儀式で、ジャガーの皮をかぶった踊り手が、葦の笛と太鼓が織りなす音楽にあわせて体を動かす。この行事のなかには、古代マヤの習慣の名残と、スペイン人らが持ちこんだカトリック信仰が混ざり合っている。邪悪な神が、人間を殺すためにジャガーの群れを解き放つところから始まり、人間が自らの罪を悔い改めて邪悪な敵を倒すという、善が悪を倒すところで終わる。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー