/2007年5月号

トップ > マガジン > 2007年5月号 > 特集:米国最後の大草原 > フォトギャラリー


定期購読

ナショジオクイズ

現在の歯ブラシの原型が登場したのは15世紀末の中国。当時、ブラシの部分に用いていたのはどの動物の剛毛?

  • ブタ
  • パンダ
  • ハリネズミ

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

米国最後の大草原
フリントヒルズ

MAY 2007

  • 黄金色の草の海
  • 生まれ変わるために
  • 春の炎
  • 灰からの芽吹き
  • 恋の闘技場
  • そっと寄り道
  • 幻想的な草原の夜
  • 新芽のじゅうたん
  • 嵐を走り抜ける
  • 嵐のあとの夕暮れ
  • 夏の紫
  • 晩夏の色
  • 移りかわる季節
  • 霜の到来
  • 天の川のむこうに
黄金色の草の海

黄金色の草の海
Photograph by Jim Richardson
Caption by Lynne Warren

日が沈む直前、幾重にも重なる草の丘が、黄金色に染まった。ここはコンザ・プレーリー保護区。米国の作家ウィラ・キャザーは、この大草原をこう表現した。「海が水でできているように、この土地は草でできている」
(3枚の写真を結合したパノラマ写真)


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー