/2007年5月号

トップ > マガジン > 2007年5月号 > 特集:米国最後の大草原 > フォトギャラリー


定期購読

ナショジオクイズ

1947年にこの洞窟付近で見つかった、最古の聖書写本を含む死海文書。紀元前70年前後に隠したとみられていますが発見された当時の状態は?

  • 羊の胃袋に巻かれていた
  • 川に沈められていた
  • 壷に入っていた

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら



特集

米国最後の大草原
フリントヒルズ

MAY 2007

  • 黄金色の草の海
  • 生まれ変わるために
  • 春の炎
  • 灰からの芽吹き
  • 恋の闘技場
  • そっと寄り道
  • 幻想的な草原の夜
  • 新芽のじゅうたん
  • 嵐を走り抜ける
  • 嵐のあとの夕暮れ
  • 夏の紫
  • 晩夏の色
  • 移りかわる季節
  • 霜の到来
  • 天の川のむこうに
灰からの芽吹き

灰からの芽吹き
Photograph by Jim Richardson
Caption by Lynne Warren

野焼きの数日後、地中に焼け残った根から新芽が顔を出し、黒い大地は再び一面の緑に覆われる。それから2、3週間もすると、ヒルザキツキミソウなど650種もの花があちこちで咲く。
(この写真は、壁紙としてダウンロードできます。)


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー