/2007年5月号

トップ > マガジン > 2007年5月号 > 特集:カバの王国 ルアングワ渓谷 > フォトギャラリー


定期購読

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は卵の殻を割り始めているペンギンのひな。ペンギンの中で最大の種ですが、さて、そのペンギンとは次のうちどれでしょう。

  • トノサマペンギン
  • キングペンギン
  • コウテイペンギン

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

カバの王国
ルアングワ渓谷

MAY 2007

  • カバが生息する大河
  • ひしめくカバたち
  • ナマズ漁の最中
  • 川は大混雑
  • 生命の雨
  • リラックスできる場所
  • 闇に響く咆哮
  • スポットライトを浴びて
  • 枝の上でひと休み
  • 社会勉強中
  • 早起き者の登場
  • カバがつくった水路
  • 共存への道を探る
  • 生命を育む川
  • 一夜限りのあで姿
  • 真夜中のハンター
  • 珍しい姿をキャッチ
  • きれいにします
共存への道を探る

共存への道を探る
Photograph by Frans Lanting

ゾウの生息数が回復する一方で人口も増えたため、人とゾウとの軋轢(あつれき)という新たな問題が起きている。乾期の夕暮れ時、餌を求めて川の対岸に渡ったゾウが村の畑を荒らすことがあるのだ。この広大な未開の渓谷でも、ゾウと人間が平和に共存するための解決策が求められている。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー