/2007年5月号

トップ > マガジン > 2007年5月号 > 特集:カバの王国 ルアングワ渓谷 > フォトギャラリー


定期購読

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は卵の殻を割り始めているペンギンのひな。ペンギンの中で最大の種ですが、さて、そのペンギンとは次のうちどれでしょう。

  • トノサマペンギン
  • キングペンギン
  • コウテイペンギン

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

カバの王国
ルアングワ渓谷

MAY 2007

  • カバが生息する大河
  • ひしめくカバたち
  • ナマズ漁の最中
  • 川は大混雑
  • 生命の雨
  • リラックスできる場所
  • 闇に響く咆哮
  • スポットライトを浴びて
  • 枝の上でひと休み
  • 社会勉強中
  • 早起き者の登場
  • カバがつくった水路
  • 共存への道を探る
  • 生命を育む川
  • 一夜限りのあで姿
  • 真夜中のハンター
  • 珍しい姿をキャッチ
  • きれいにします
リラックスできる場所

リラックスできる場所
Photograph by Frans Lanting

耳をアイマスク代わりに、日差しをよけて休むゾウ。体を横たえるのは、安心している証拠だ。ルアングワ渓谷は、かつては「ゾウの谷」と呼ばれていたが、1970~80年代に密猟が横行して10万頭近くが殺された。現在の生息数は1万頭ほどで安定しているものの、保護区外にある数カ所の狩猟管理区域では2005年にスポーツとしての狩猟が再開された。ルアングワ渓谷に生き残った、数少ない雌の成獣が標的になるのではと心配されている。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー