/2007年4月号

トップ > マガジン > 2007年4月号 > 特集:マグロをつくる日本の漁業 > フォトギャラリー


定期購読

ナショジオクイズ

Q:現在のEVとはまったく違いますが、電気で走る車はエンジンで駆動する車が登場した頃からありました。その当時、電気で走る自動車を手がけていた自動車工学者といえば誰でしょう?

  • ルイ・シボレー
  • エンツォ・フェラーリ
  • フェルディナント・ポルシェ

答えを見る



特集

マグロをつくる
日本の漁業

APRIL 2007

  • 骨格が示す生命力
  • “育種”をめざして
  • 陸上での試み
  • 餌も研究中
  • 送り出される養殖マグロ
  • 食卓に並ぶ日
  • 遺伝子からのアプローチ
  • 早朝の市場
  • 餌を発射中
  • 大きさで選別
  • 生命を育む海
  • 日々の見回り
“育種”をめざして

“育種”をめざして
Photograph by Hiromichi Matono

クロマグロ養殖研究の総本山、和歌山県の近畿大学水産研究所には、大小さまざまなマグロの標本が並ぶ。助教授の澤田好史さんは、クロマグロの卵やふ化した稚魚の体を調べ、その発達過程を研究している。今年にも近大生まれの3代目が誕生するかもしれない。そうなれば、品質の良いマグロを育てる“育種”にも取り組める。「早く、健康に育ち、しかも食べるとうまい。そんなクロマグロをつくりたい」


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー