/2007年2月号

トップ > マガジン > 2007年2月号 > 特集:心臓医学の最前線 > フォトギャラリー


定期購読

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

心臓医学の最前線

FEBRUARY 2007

  • 移植を待つ心臓
  • 鼓動に支えられて
  • 心臓に迫る技術
  • 予兆を探る
  • 体内のポンプとパイプ
  • 原因は遺伝子?
  • 心臓病にとりつかれた一族
  • サイズは語る
  • ゴスペルでリスク低減
  • 解明を目指して
  • 心臓病を描きだす
  • 血流を助ける
  • 進化した人工心臓
  • 新しいポンプの埋め込み
  • 癒しの手
  • 第2の人生
  • 生を楽しむ
心臓病を描きだす

心臓病を描きだす
Image by Alan Herman and North Memorial Medical Center, Minneapolis, MN
Caption by Alan Mairson

血管造影で得られた画像(上)から、心臓に血液を供給する重要な血管、冠動脈が急性の閉塞を起こしていることがわかる。血管造影は、動脈にカテーテルを挿入して造影剤を注入し、X線で血流を描き出す検査法だ。ステントと呼ばれる小さな管を病変部に挿入し、血管を押し広げた後に撮影した画像(下)では、血液の流れが回復している(中央から右下にかけての血管)。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー