/2007年2月号

トップ > マガジン > 2007年2月号 > 特集:心臓医学の最前線 > フォトギャラリー


定期購読

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

心臓医学の最前線

FEBRUARY 2007

  • 移植を待つ心臓
  • 鼓動に支えられて
  • 心臓に迫る技術
  • 予兆を探る
  • 体内のポンプとパイプ
  • 原因は遺伝子?
  • 心臓病にとりつかれた一族
  • サイズは語る
  • ゴスペルでリスク低減
  • 解明を目指して
  • 心臓病を描きだす
  • 血流を助ける
  • 進化した人工心臓
  • 新しいポンプの埋め込み
  • 癒しの手
  • 第2の人生
  • 生を楽しむ
サイズは語る

サイズは語る
Photograph by Robert Clark
Caption by Alan Mairson

米ミシシッピ州のジャクソン・メディカル・モールで、心臓病調査プロジェクト「ジャクソン・ハート・スタディ」の協力者チャーリー・ブラウンの胴回りを計測する看護師のコーラ・チャンピオン。このプロジェクトは、アフリカ系米国人に心臓病の発症率が高い理由の究明を目指している。「このプロジェクトに協力していると、健康で長生きするためには食事と運動が大事なのだと実感します。今では、週に2、3回はスポーツクラブに通っています」と、ブラウンは言う。

カメラ:キヤノン EOS SD
フィルム:デジタル
レンズ:記録なし
シャッター速度:1/20秒
絞り:f9
天候条件:屋内
撮影時間:昼過ぎ
照明:自然光

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー