/2007年2月号

トップ > マガジン > 2007年2月号 > 特集:心臓医学の最前線 > フォトギャラリー


定期購読

ナショジオクイズ

人体にすむ微生物。次の3つのうち、どの部分が一番多いでしょうか?

  • 歯垢
  • 皮膚

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

心臓医学の最前線

FEBRUARY 2007

  • 移植を待つ心臓
  • 鼓動に支えられて
  • 心臓に迫る技術
  • 予兆を探る
  • 体内のポンプとパイプ
  • 原因は遺伝子?
  • 心臓病にとりつかれた一族
  • サイズは語る
  • ゴスペルでリスク低減
  • 解明を目指して
  • 心臓病を描きだす
  • 血流を助ける
  • 進化した人工心臓
  • 新しいポンプの埋め込み
  • 癒しの手
  • 第2の人生
  • 生を楽しむ
心臓病にとりつかれた一族

心臓病にとりつかれた一族
Photograph by Robert Clark
Caption by Alan Mairson
Family portrait courtesy Don Steffensen

60歳のドン・ステフェンセンが手にしているのは、家族の古い集合写真。ドンと一緒に検査を受けた兄弟姉妹の大半が、心臓病にかかわりがあるとみられる遺伝子MEF2Aの変異型をもつことがわかった。実際、一族はさまざまな心臓の病気や異常に見舞われてきた。だが、遺伝子だけで未来の健康は占えない。食生活や運動も重要だというのが、専門医の見解だ。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー