/2007年2月号

トップ > マガジン > 2007年2月号 > 特集:心臓医学の最前線 > フォトギャラリー


定期購読

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

ナショジオクイズ

Q:恐竜のイメージをがらりと変え、今では恐竜研究の標準的な手法となっている医療用技術は次のうちどれでしょう。

  • 内視鏡
  • エコー
  • CTスキャン

答えを見る

ナショジオとつながる



特集

心臓医学の最前線

FEBRUARY 2007

  • 移植を待つ心臓
  • 鼓動に支えられて
  • 心臓に迫る技術
  • 予兆を探る
  • 体内のポンプとパイプ
  • 原因は遺伝子?
  • 心臓病にとりつかれた一族
  • サイズは語る
  • ゴスペルでリスク低減
  • 解明を目指して
  • 心臓病を描きだす
  • 血流を助ける
  • 進化した人工心臓
  • 新しいポンプの埋め込み
  • 癒しの手
  • 第2の人生
  • 生を楽しむ
原因は遺伝子?

原因は遺伝子?
Photograph by Robert Clark
Caption by Alan Mairson
Family portrait courtesy Don Steffensen

両親の写真を手に並んだステフェンセン家の6人の兄弟姉妹、ジョアン、マービン、ジャネット、ベティ、ドン、そしてセシル。彼らはかつて、不安をかきたてられるような疑問を抱えていた。ステフェンセン一族は代々、心臓の病気をわずらう確率が異常に高いのだ。一体、なぜなのだろう?数年前、DNAの解析により、心臓関係の病気になった家族は、共通してMEF2Aと呼ばれる変異型の遺伝子を持っていることがわかった。この遺伝子がつくる異常なタンパク質が原因となって、動脈壁に亀裂ができやすくなると考えられている。

カメラ:キヤノン EOS-1DS Mark II
フィルム:デジタル
レンズ:記録なし
シャッター速度:1/85秒
絞り:f20
天候条件:晴天
撮影時間:昼近く
照明:自然光

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー