/2006年12月号

トップ > マガジン > 2006年12月号 > 特集:太陽系の宝石 土星の実像 > フォトギャラリー


定期購読

ナショジオクイズ

Q:森林火災を防ぐため、オーストラリア先住民の人々が復活させた伝統的手法とは?

  • 火入れ
  • 植林
  • 放牧

答えを見る



特集

太陽系の宝石
土星の実像

DECEMBER 2006

  • 美しき惑星
  • パノラマを織りなすリング
  • リングに囲まれた惑星
  • 土星系を彩る衛星たち
  • 氷の衛星
  • 孤独な衛星
  • 青い黄昏に浮かびあがる衛星
  • 色あざやかなもや
  • メタンの湖
  • タイタンの丘と平原
  • 荒涼としたタイタンの大地
  • 見たことのない光景
  • 探査機カッシーニ
  • タイタンを包むもや
  • ボイジャーがとらえたFリング
  • カッシーニがとらえたFリング
  • 宇宙の陰と陽
  • 変わりものの衛星
  • 明るく輝く真珠
  • 水と氷の噴射
  • 噴き出す冷たい色
  • 氷のように滑らかな表面
見たことのない光景

見たことのない光景
Image by NASA, JPL, and SSI
Caption by Bill Douthitt

5キロほど上空から、魚眼レンズでとらえた土星最大の衛星タイタンの画像。明るく見える部分は氷の塊の集まりで、暗く見える谷の底には炭化水素がたまっていると思われる。探査機ホイヘンスが、パラシュートを使ってタイタンに着陸した際に撮影したこの画像の中央に見える、水路のような地形は、液体メタンが鉄砲水のように流れた際に削られてできた、乾燥した川床かもしれない。


ナショナル ジオグラフィック バックナンバー