• TOP
  • 人・文化・宗教の記事一覧

人・文化・宗教

81~ 100件を表示/111件中

ジャンル記事一覧

  • キンシャサ 脈動するコンゴの首都

    貧しく混沌としたコンゴ民主共和国の首都では、生きることへの渇望が独創的なアートを生み出している。

  • 【連載】100年前の写真でめぐる 世界の民族衣装

    民族衣装はどれも個性豊かで見ていて楽しいもの。ですが最近ではTシャツやジーンズにとって代わられ、日常的に身につけることが少なくなりました。この連載では…

  • 【連載】3年間103カ国を旅して見てきた 世界の最も激しい3つの祭り

    2010年から2012年末まで1021日間、103カ国を旅してきた写真家の竹沢うるまさんに、彼の見てきたなかで最も激しかった3つの祭りを、3週にわたっ…

  • 砂糖の誘惑、その甘くない現実

    肥満や糖尿病などの病気の一因とされている砂糖。人間を魅了してきた歴史をたどるとともに、米国で大きな問題となっている砂糖と健康の関係を探る。

  • トランシルバニア 草香る丘陵

    ルーマニア中部に広がるトランシルバニア地方では、中世さながらの農村の暮らしが今も息づいている。

  • ノルウェー 消えゆくクジラ捕り

    ノルウェーで受け継がれてきた捕鯨の伝統が失われようとしている。その背景にあるものとは?

  • 中国の大運河を行く

    隋の時代に初めて運河が築かれてから約1400年。現在も活躍する京杭大運河を、ある家族の船でめぐる。

  • 欧州のワイルドなやつら

    ヨーロッパの伝統的な祭りに登場する獣や魔物、悪霊の姿をした男たちを、フランスの写真家が記録した。

  • マンモスの牙を探せ

    かつて人類の胃袋を満たしたマンモス。シベリアでは現在、その牙が高値で取引され、地域の経済を潤している。

  • 長江のほとり再会の時

    かつて英語の教師として中国の田舎町に赴任した筆者。教え子たちに会うために再訪した町は、経済発展により大きく変貌していた。

  • 幸せの手作りボール

    アフリカのサッカー事情を知りたいと、ベルギー人写真家が旅に出た。そこで出会ったのは、手作りのボールを夢中で追いかける子どもたちだった。

  • 忘れられた遊牧民

    アフガニスタン北東部に位置するワハーン回廊。厳しい自然と国際政治に翻弄されたこの高地で、誇り高く生きる遊牧民たちの暮らしに密着した。

  • 変革を模索するキューバ

    国家元首が変わって4年。カリブ海の社会主義国はどこへ向かうのか。希望と絶望が交錯する島を訪れた。

  • リオ 変化の予感

    4年後のオリンピック開催に向け、ブラジル第2の都市リオデジャネイロが変わろうとしている。

  • ロマの成功者たち

    昔ながらの流浪生活をやめ、ルーマニアの小さな町の豪邸に暮らすロマの人々の知られざる日常。

  • チベット高原の“金”

    古くから漢方薬として珍重されてきた菌類の一種、冬虫夏草。需要の増加に伴い、産地のチベット高原は活気づいている。

  • イースト・ロンドン物語

    五輪に沸く英国の首都では、移民や低所得者が多く暮らす下町、イースト・ロンドンにも新しい時代の波が押し寄せている。

  • ロシア 菜園で過ごす夏

    短い夏がやってくると、ロシアの人々が向かう場所。それは、菜園付きの簡易別荘「ダーチャ」だ。

  • 【連載】森と若者をつなぐ ―聞き書き甲子園の10年

    森や山村では住人が減り、森そのものも荒れつつある。かたや都会では、若者たちが森の暮らしを知らずに育つ。「聞き書き甲子園」は、そんな若い人たちと森の名人…

  • 【連載】世界の市場めぐり ナショジオ的楽しみ方

    初めて訪れた見知らぬ街でも、市場をのぞいてみれば地域の生活や文化が見えてくる。珍しい産物を見て歩くのも楽しいし、新鮮なあれこれを味わうのもよし、お土産…

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ