• TOP
  • 国・地域の記事一覧

国・地域

21~ 40件を表示/80件中

ジャンル記事一覧

  • ミシシッピ川をNASAがアニメ化

    NASAの科学的視覚化スタジオは、ミシシッピ川の巨大な流域とそこを流れる全ての支流がわかるアニメーション地図を作製し、驚きの全体像を明らかにした。

  • 未来へ伝える アフリカ系米国人の足跡

    米国の首都ワシントンに開設された国立アフリカ系米国人歴史文化博物館。その多彩な展示品は、黒人たちの苦難と忍耐、勝利の歴史を伝えている。

  • 【動画】アラスカの湖からメタンの泡の悪循環

    アラスカの湖から放出されるメタンが、地球温暖化の悪循環に拍車をかけている。

  • 太平洋 不吉な熱い波

    太平洋北東部で、水温が異常に高い海域「暖水塊」が出現し、生物の大量死などの異変をもたらした。それは未来の海が直面する悲劇の前兆なのだろうか?

  • 自然と人間 傷つけられるグランドキャニオン

    米国のグランドキャニオンに開発の波が押し寄せている。大峡谷の横断に挑んだ探検家たちが、原生の自然を台無しにする人間の営みを目の当たりにした。

  • 地下水が枯れる日

    米国の穀倉地帯を支える「オガララ帯水層」の地下水が枯渇しつつある。国内はもとより、世界の食料供給への影響が懸念され始めた。対策はあるのか?

  • スマホで切り取る普段着の米国

    長い海外生活から帰った母国は、見知らぬ異郷のようだった。写真家はポケットにスマートフォンを忍ばせ、新鮮なまなざしで何気ない日常を記録した。

  • 苦悩するデナリ

    米国アラスカ州のデナリ国立公園では長年、人間と野生動物の共存の形が問われてきた。その広大な大地も、自然を守るには十分ではないのだろうか?

  • イエローストーン 自然保護の実験場

    人間と自然は、果たして共存できるのか? 世界で最初に誕生した米国の国立公園では、自然保護の壮大な実験が今も続いている。

  • 北米ミネソタ 春の1日1日

    「1日に1枚しか撮らない」というルールを自らに課した写真家ジム・ブランデンバーグが、故郷・米国ミネソタ州の春の93日間を鮮やかに描き出す。

  • ナイアガラの滝から水が消えたら?

    世界的に有名なナイアガラの滝。米国側のアメリカ滝に流れ込む水を一時的に迂回させる計画が進む。水が消えた時、滝はどのような姿を現すのか?

  • 化石と絶景 カナダのヨーホー国立公園

    カナディアン・ロッキーの一角に位置する世界遺産、ヨーホー国立公園。決して広くはないが、滝や氷河、世界有数の化石層のある、魅力あふれる公園だ。

  • New ニューヨーク

    高さ200メートルを超す高層ビルが続々と建設されているニューヨーク。この街で生まれ育った作家のピート・ハミルが、変わりゆく故郷への思いを語る。

  • 高級ヤマネコ毛皮の陰に、残酷なわな

    ボブキャットの毛皮が高級品として、米国からアジアやヨーロッパに輸出されている。しかし、調査の結果、非人道的なわなが使用されているという問題が明らかにな…

  • コロンブスに勝てなかった“新大陸発見者”とは?

    10月の米国には、コロンブスの新大陸発見記念日とならび、その500年前に北米に到達した北欧の探検家の記念日もある。この記念日が日陰の存在になった理由は…

  • 【動画】微速度撮影で見る熱気球フェスティバル

    米ニューメキシコ州のアルバカーキでは、毎年10月に「アルバカーキ国際気球フェスタ」と呼ばれるイベントが開催され、何百という色鮮やかな熱気球が青空を彩る…

  • カナダ西海岸 海辺のオオカミ

    太平洋に面したカナダの西海岸に、海辺で食べ物をあさるオオカミがいる。島から島へと泳いで渡り、サケやアシカなど、あらゆる海の幸を食べる。

  • 北米最高峰マッキンリー、デナリに名称変更

    北米最高峰マッキンリー山の公式名称を「デナリ」に変更することを、米国政府が決めた。改称が意味するもの、それがなぜ重要なのかを、ナショナル ジオグラフィ…

  • 90億人の食 噂のグルメスポット、移動中!

    米国のロサンゼルスから広がった、ちょっとグルメな「フードトラック」による食の一大ブーム。その背景には、ソーシャルネットワークの発達があった。

  • 気候変動 瀬戸際の地球 消える北米の森

    地球温暖化の影響を受け、キクイムシが北米西部で猛威を振るう。マツが枯れる被害はさらに広がるのか。シリーズ「気候変動 瀬戸際の地球」の第2回。

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ