ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ビデオ
初期人類の少女の化石発見

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

Line

該当号の購入は
買い物カゴに入れる

年間購読のご案内




ディキカ・ベビー

300万年前ほど前、およそ3歳の時に死亡したディキカ・ベビー。初期人類の幼児の化石としては、これまで見つかったなかで最も古く、また、アウストラロピテクス・アファレンシスの化石としても、前例のないほど完全な骨格が残っていた。研究者らが最も注目したのは、現生人類の脳の発達パターンに近づいていく兆しがみられることだった。ディキカ・ベビーは2000年12月、エチオピアのディキカ地域で発見された。同じくアファレンシスの成人女性の骨格で、「ルーシー」の名で知られる化石が見つかった場所から約10キロほどの場所だ。このベビーは、ルーシーの子どもだったのだろうか?本誌英語版の副編集長、クリス・スローンがディキカ・ベビーについて語る。

「Launch Video」をクリックして、再生してください。







本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について