ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
南極海のヒョウアザラシ

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

Line

該当号の購入は
買い物カゴに入れる

年間購読のご案内


PHOTO

感情を込めた歌声
Photograph by Paul Nicklen / Caption by Sarah Kliff

 南極の海に飛び込んだヒョウアザラシ。素早く静かに動き回るヒョウアザラシの成獣は、単独で行動することが多く、流氷の周辺で狩りをする時も、たいていは1頭だ。そのうえ、雌の発情期が年にほんの数日しかないので、交尾相手を見つけるのは至難の業だ。雄も雌も歌うような鳴き声を出すが、この習性はほ乳類としては珍しい。雌が鳴くのは、交尾の準備が整ったことを知らせるためだ。雄は、1日に13時間も複雑なメロディの愛の歌を未来の配偶者に向かって歌い、その声は水中で40キロ先まで響きわたる。オーストラリア人の研究者トレイシー・ロジャースは、雄が体を前後に揺らしながら歌うこの歌を「感情のこもった、様式的な歌」と評している。

撮影条件


カメラ:キヤノン EOS-1Ds Mark II
フィルム:デジタル
レンズ:27mm
シャッター速度:1/320秒
絞り:f8




天候:上層雲がかかった曇り
撮影時間帯:昼ごろ
照明:自然光
特別装備:ストロボ(Ikelite SS200)2個とシーカム水中ハウジング、防水のドライスーツを使用









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について