ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

バンクーバー島の海峡に躍る生命
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>



map
拡大図へ >>



PHOTO
ビデオ
カヤックで激流に挑戦




年間購読のご案内

PHOTO

文・写真=ポール・ニックレン

LINE

カナダ・バンクーバー島のクイーン・シャーロット海峡には、時速約27キロという猛スピードの潮流がはぐくむ生命の楽園が広がっている。

LINE

 この海に潜るのは常軌を逸した暴挙に思えた。それでも、世界屈指の速い潮流がもたらすエネルギーを自分の目で確かめるには、ほかに方法はなかった。
 スキューバ・ダイビングの装備に身を固めると、私は相棒と一緒に小さなボートに乗りこんだ。カナダの太平洋岸、バンクーバー島北端の静かな入り江「ゴッズ・ポケット」を離れ、めざすは天下の急流「ナクワクト・ラピッズ」だ。

 海峡には膝のがくがくするような光景が待っていた。氷河が刻んだフィヨルドから引き潮とともにクイーン・シャーロット海峡へとほとばしり出る激流が、トレンブル島のかたわらを14.5ノット(時速約27キロ)の猛スピードで駆け抜ける。逆巻く渦がしぶきを上げ、そそり立つ大波が高さ2メートルの頭上で砕ける。
 流れの速度が落ちる潮だるみの時間帯を狙って、潜水を開始した。水深12メートルまで潜っても、四方から押し寄せる強力なうねりに翻弄される。それでもトレンブル島付近の海底にたどりつくと、繊細な美と色彩の別世界が広がっていた。真珠のような光沢を帯びたカメノテやウミウシ、カイメンが岩の表面を彩り、腹をすかせた花束のようなケヤリムシの仲間が波に揺れる。

 一帯の海水は、深層からの湧昇流や逆巻く渦、そして潮の干満が生み出す波のうねりにかき混ぜられて、濃厚なタンパク質のジュースと化している。潮流が猛スピードで運んでくる動植物プランクトンが岩棚や海底に付着して暮らす生き物たちを養い、生命の楽園をはぐくんでいる。
 この驚くべき生命エネルギーが、ニシン、サケ、シャチ、ザトウクジラといった大型生物を頂点とする食物連鎖の底辺を支えている。下の写真は、ジョージア海峡で大量のニシンを捕る地元の漁民。かつて漁業の柱だったニシンの漁獲高は、乱獲のあおりで1960年代には激減したが、カナダ政府が漁獲量を制限(昨年は2万8000トン)したおかげで、生息数は回復に向かっている。

 最近の問題は、沖合の油田探査を禁じた現行政策の見直しを政府が進めていることだ。すでに過去の調査で、沖合の海底には油田とガス田の候補地が4カ所見つかっている(右ページの地図)。心配なのは原油の掘削や船舶の航行増加による環境破壊だけではない。万が一、この豊かな海域に原油が流出したら……。そんな悪夢を想像しただけでも胸が痛む。

詳しくは本誌をお読みください。

該当号インデックスへ
該当号の購入は  買い物カゴに入れる

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 10年近くにおよんだ議論の末、カナダ・ブリティッシュコロンビア州政府は、州の海岸線に沿って広がる広大な森林地帯“グレート・ベア・レインフォレスト”を保護する方針を打ち出した。東京都の約30倍にあたる、約6万5000平方キロの面積をもつ、自然あふれる地域の生態系を保護する計画だ。これは、先住民の人々や林業関係者、環境保護団体など、あらゆる方面の関係者から熱烈な支持を受けている。これは、ちょっと珍しいことだ。
 この保護計画が多方面から支持されたのは、林業関係者と環境保護団体がみごとに協調し、また、数十もの先住民の集落が互いに協力したからにほかならない。人間を生態系の大切な一部としてとらえ、可能な限り環境に与える影響を軽減する新たな経済モデルを構築することなどに重点が置かれた。その結果、動植物の生息地として最も貴重な地域は保護し、それ以外の地域では、その地域の資源を生かした産業と観光業を認め、生態系に与える影響を最低限におさえるやり方で運営することとなった。
 世界でも最大級の温帯雨林が広がるこの地域は、ウエスタン・レッド・シダー(西洋赤スギ)やサケ、ハクトウワシなど、数多くの在来種の生命を支えている。また、カーモディーベア、もしくはスピリット(精霊)ベアと呼ばれる珍しいクマもこの地を主な生息地としている。このクマは先日、州を代表する哺乳類に指定された。白い毛皮のせいで、ホッキョクグマに間違えられたり、色素欠乏のアルビノだと思われたりすることも多いが、実はツキノワグマの遺伝的変異種だ。このクマの毛皮が白いのは、地球が氷で覆われていた頃の名残りだという説もある。

――ブラッド・スクライバー

BOOK






関連リンク

レース・ロックス・プロジェクト:カナダ・ブリティッシュコロンビアの冷たく緑色の海に住む、風変わりな生き物たちの動画を楽しめる。
http://www.racerocks.com

タイダル・ベーシックス:潮の干満のメカニズムを学べるサイト。
http://tidesandcurrents.noaa.gov/restles1.html





日本版の過去記事

2003年2月号「カナダ・バンクーバー島 海と森林の生命たち」


トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について