ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
郷愁を誘うハテライトの人々

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

Line

該当号の購入は
買い物カゴに入れる

年間購読のご案内


PHOTO

新天地での生活
写真=ウィリアム・アルバート・アラード 文=トム・オニール

 サプライズ・クリークから東に480キロほどのところにある新しい村プレーリー・エルクで、モンタナの平原をわたる風が洗濯物を乾かし、アニー・マリー・ウォルターが育てようとしている草を揺らす。サプライズ・クリークの人口が増え、運営の効率が落ちたため、村は2003年に2800ヘクタールの土地を購入した。今のところ、プレーリー・エルクに住むハテライトはわずかだ。「ひとつの仕事に10人も男性がいたんだ」と、農場経営でもっと指導的な役割を果たしたいと、熱望してプレーリー・エルクへやってきた25歳のリーバイ・ウォルターは言う。サプライズ・クリークの指導者たちはいずれ、住民を分けて、プレーリー・エルクに送り出すことになる。誕生したばかりの村では、アニー・マリーにも、通常なら男性が担う仕事に挑戦する機会がある。「サプライズ・クリークでは、女性は菜園に何かを植えることには全く手出しできません。ここでは、植えることも農薬をまくこともできるし、牛の乳搾りをすることもできるんです。私はここが好きです」

撮影条件


カメラ:キヤノン EOS 20D
フィルム:デジタル
レンズ:10mm
シャッター速度:1/250秒
絞り:f11




天候条件:やや曇り
撮影時間:午前
照明:自然光









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について