ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
再び脚光を浴びる原発

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

Line

該当号の購入は
買い物カゴに入れる

年間購読のご案内


PHOTO

裏庭の原子力発電所
写真=クリス・ハミルトン 文=ピーター・グウィン

 カルビン・ノルト(空中に浮いている)とジョナサン・ウォーフは、ペンシルベニア州スリーマイル島原子力発電所の2基の原子炉のうちの1基の炉心が溶解するという、米国史上最悪の事故が起きた1979年に生まれた。1基の原子炉は、今も稼動し続けている。蒸気を吹き出している2基の冷却塔を、二人の少年は“大きな雲の製造機”程度にしか考えていない。環境保護運動家らは、原子力発電をあまり快く思っていないが、その利点を見直す動きもある。温室ガスの排出量が少ない原子力発電は、地球温暖化を遅らせるひとつの方法なのかもしれない。この25年間、新たな建設は発注されていないが、それでも現在、米国の総発電量の5分の1を原子力発電が担っている。

撮影条件


カメラ:キヤノンEOS-1D Mark II
フィルム:デジタル
レンズ:27mmレンズ
シャッター速度:1/400秒
絞り:f5.6




天候条件:快晴
撮影時間:午後
照明技術:自然光









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について