ナショナル ジオグラフィック日本版

LINE

ズームイン
アフリカ最後のオオカミ

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

Line

該当号の購入は
買い物カゴに入れる

年間購読のご案内


PHOTO

一目散に逃走
写真=アヌップ・シャー 文=アラン・メアソン

 予測よりも早く麻酔が切れ、目を覚ましたオオカミが、調査チームのダリン・ノベルの手をすり抜けて山の方向へ逃げていく。ここ15年ほどの間に2度起こった狂犬病の流行で、100頭以上が命を落とした。麻酔で眠らせていたのは、狂犬病のワクチンを投与するためだった。ウイルスを持ち込んだのはイエイヌだ。イエイヌは、エチオピアオオカミの存続にもうひとつ暗い影を落としている。雄のイエイヌが雌のオオカミと交尾し、生殖能力のある雑種が生まれることがある。この雑種は厳密に言えばオオカミではないため、保護の対象にならず、関係者は頭を抱えている。

撮影条件


カメラ:キヤノン EOS 1V
フィルム:フジクローム ベルビア
レンズ:600mm
シャッター速度:1/250秒
絞り:f4




天候条件:晴れ
撮影時間:昼下がり
照明技術:自然光











cNational Geographic Society. All rights reserved.
cNikkei National Geographic Inc. All rights reserved.