ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
地震予知の100年

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

Line

該当号の購入は
買い物カゴに入れる

年間購読のご案内


PHOTO

南アフリカ:地中の観測所
写真=ピーター・エシック 文=A・R・ウィリアムス

 南アフリカにある金鉱の地下3700メートルの地点に、地震の物理的過程を解明するための機器を設置する米国地質研究所の地質学者マルコム・ジョンソン(右)と米オクラホマ大学の大学院生ビンセント・ヒーサッカー。地球の裂け目である断層が、この金鉱を横切っているのだ。断層を観察することにより、岩盤がゆっくり動いてひずみが生じ、断層に沿ってストレスが蓄積されていく過程や、そのストレスに耐え切れなくなって地震が起きる様子を解明しようとしているのだ。金が埋蔵されているところには、必ず断層がある。長い年月の間、ミネラルを豊富に含む液体が亀裂の間を通り抜けるうち、金が少しずつ蓄積されるのだ。「金を掘り当てたかったら、古い断層のあたりを探すことです」とジョンソン。

撮影条件


カメラ:キヤノンEOS-1D Mark II
フィルム:デジタル
レンズ:16mmレンズ
シャッター速度:1/15秒
絞り:f2.8




天候条件:地中
撮影時間:記録なし
照明技術:キヤノンのワイヤレス・フラッシュを2台使用。火花が坑内のメタンガスに引火する恐れがあるので、オープンのフラッシュ・チューブは使えなかった。









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について