ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
地震予知の100年

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

Line

該当号の購入は
買い物カゴに入れる

年間購読のご案内


PHOTO

サンフランシスコ:街を襲う煙
写真=Bettman/CORBIS 文=A・R・ウィリアムス

 1906年4月18日の早朝、サンフランシスコを大地震が襲った。その数時間後、サクラメント通りの住民たちは海に近い近隣地域からもうもうと立ち上る煙を見ていた。激しい揺れで煙突は崩れ、ストーブは倒れ、“米国西部のパリ”と呼ばれたこの街は炎に包まれた。はがれ落ちた壁のしっくいで、スタジオに置いてあったカメラが全部壊れたと知った人物写真家のアーノルド・ジェントルは、小さなコダック製のカメラを借りて、サンフランシスコの変わり果てた姿を撮影した。地震の3日後、ようやくすべての火災が鎮火したときには、500区画が廃墟と化していた。

撮影条件

記録なし









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について