ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

取材ノート
カリフォルニアの豊かな生態系

Line

<< 特集ページに戻る

Line

Photo

筆者の取材ノート
バージニア・モレル

Line

Photo

写真家の取材ノート
ティム・レイマン

Line

「取材現場から」は、筆者と写真家へのインタビューを編集したものです。
本誌の記事と一部が違うことがあります。

写真=Saadia Iqbal (上) and Mark Thiessen

取材現場から 取材現場から PHOTO
カリフォルニアの豊かな生態系

筆者の取材ノート
バージニア・モレル
Best 最高の経験

 私は幸運にも、ホットスポットに指定されている「カリフォルニア州の植物相の豊かな地域」の一角を占める、オレゴン州南部に住んでいる。クラマス・シスキュー地区に属するこの一帯は、固有の植物と昆虫が多いためにホットスポットに指定された。これらの土地は広大でもなく、これといった魅力もないので、あまり注目もされず、さほど研究もされていない。
 マルハナバチの仲間の希少種、Bombus frankliniのことを教えてくれたのは、カリフォルニア大学デービス校の名誉教授で、マルハナバチの専門家であるロビン・ソープだった。クラマス・シスキュー地区にあるアシュランド山の牧草地を含む、わずか2万6000平方キロたらずの地域にしか生息していないこのハチを探しに行く彼に同行した。
 一匹のBombus frankliniを見つけたソープは、捕虫網をかざしながら、ものすごい勢いで斜面を駆け下りていった。そして、二度ほど捕虫網を振ったあと、「捕まえた!」と叫んだ。彼は、ハチをガラス瓶に入れて見せてくれた。体長は約2.5センチ、黒と黄色の縞模様で、腹部には白い輪があった。ソープによると、私は生きているこのハチを見た、数少ない人間の一人だという。ほとんどの昆虫学者は、博物館の標本でしか見たことがないらしい。このハチの生態はほとんど知られておらず、どこに巣を作るのかさえもわかっていない。ソープは、それを突き止めようとしていた。残念ながらこのハチの数は減少しつつあり、その理由も突き止められてはいない。しかし、このハチは、小さいものこそ美しいという、この豊かな生態系で最も大切なことに気づかせてくれた。


Worst 最悪の体験

 カリフォルニア州ベントゥーラに近いホッパー・マウンテン国立野生生物保護区で、米国魚類野生生物局のコンドル回復プログラムを担当するブルース・パーマーに同行した。山の尾根に立つと、37羽のコンドルが頭上を舞っていた。コンドルたちは、風が羽根をすりぬける音が聞こえてくるほど、すぐそばを飛び交っていた。それから、展望の良い地点に行き、双眼鏡で巣のある岩穴の端にいるコンドルのヒナを観察した。物陰に潜んだ、灰色の羽根のかたまりのようなヒナが、なんとか見えた。これが、1992年に回復プログラムが始まって以来、初めて孵化したヒナだった。ちらりとでもこのヒナを目にし、いつかは空高く舞い上がる姿を想像するだけで、心躍った。しかし、その日はやってこなかった。それから3カ月後、このヒナは死んでしまった。


Quirkiest 最も奇妙な思い出

 栄養分が少なく、鉱物を多く含む蛇紋岩(じゃもんがん)からできた土壌に順応した植物の多くは、花が咲いていない時はひょろひょろと弱々しく見える。しかし、満開になると、息をのむほどの力強さを見せてくれる。
 カリフォルニア大学デービス校の生態学者スーザン・ハリスンが、カリフォルニア北部の草原に連れて行ってくれた。そこには、鮮やかな赤紫や青、金色の花が咲き乱れ、植物のカーペットの上を歩いているようだった。その後訪れたエディ山では、岩の間からのぞくヤエムグラ属の植物Galium Serpenticumを見せてくれた。
 とても小さな葉と、かわいらしい白い花をつけたこの植物は、水と肥料があればもっと元気になれて、もっと成長できるように見えた。「違うんです。今のままで十分なんですよ」とハリソンは言った。「周りを見てください。邪魔する植物もなく、のびのびと育っているでしょう。植物にとって、こんなに居心地のいい場所はないと思いませんか?」









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について