ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
危険なハンター、カマキリの世界

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>


PHOTO

小さなカマキリ
写真=マーク・W・モフェット 文=ジョン・L・エリオット

 アフリカの象牙海岸に生息するこのカマキリ(Sphodromantis lineola)の幼虫は、その大きさと姿から、アリの真似をして身を守る。歩き方も、アリによく似ている。鳥のような捕食者は、アリは毒をもっていると思っているので、手を出してこない。それが、アリを真似るカマキリの狙いだ。カマキリの擬態は、コウモリやカエル、クモ、ヘビ、小型のげっ歯目など、多くの敵から身を隠す助けになっている。

撮影条件


カメラ:キヤノン EOS3
フィルム:フジクローム ベルビア50
レンズ:65mmマクロ
シャッター速度:記録なし
絞り:記録なし




天候:記録なし
撮影時間:記録なし
照明:自然光









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について