ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

独立に燃えるクルド人
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>



map
拡大図へ >>

PHOTO

文=ウィリアム・T・ダウシット

LINE

「国をもたない民族」の悲哀を味わってきたクルド人。自治権を獲得したイラク北部では、悲願の独立を目指している。

LINE

 首都バクダッドではイスラム教スンニ派とシーア派の主導権争いが続くが、今後の統合イラク成立の鍵を握るのは、北部の自治区に暮らすクルド人といわれている。少数派クルド人の現状と未来を追った。

詳しくは本誌をお読みください。


サイト&サウンド
最新号紹介ページへ戻る

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

セーヴル条約:クルド人の分断

 イラクが今日の国の形となったのは、1920年に締結されたセーヴル条約による。セーヴル条約では、第一次世界大戦で敗北したオスマン帝国が事実上廃絶され、新しくできたイラクが英国の委任統治領となった。またこの条約には、将来クルディスタンというクルド人国家の樹立を認めるという内容も含まれていたが、その夢は実現にはいたらなかった。セーヴル条約によって新たに誕生し、最も多くのクルド人を抱えるトルコが、条約の批准を拒否したのだ。トルコは1923年に、セーヴル条約よりも有利なローザンヌ条約に調印した。以来、独自の国家を持たないクルド人は、たびたび同国人との間で軋轢を生じている。

――エミリー・クリーガー

BOOK






関連リンク

クルド地方政府:クルド地方政府の公式サイト。イラクのクルド人地域の歴史や行政のほか、毎日のニュースや意見記事を掲載している。
http://www.krg.org

ヒューマン・ライツ・ウォッチのイラクのページ:国際人権保護団体ヒューマン・ライツ・ウォッチによる記録や報告は信頼性が高く、引用されることも多い。このサイトでは、刑務所での虐待、女性の権利、化学兵器の使用、民族浄化など、イラクが抱える重要な問題を扱っている。
http://www.hrw.org/doc?t=mideast&c=iraq

クルディッシュ・メディア:英国に拠点を持つクルド人のニュース配信局のサイト。
http://www.kurdmedia.com

エド・カシ・フォトグラフィ:今回の記事を担当した写真家で、数々の受賞歴を持つカシのホームページ。
http://edkashi.com



トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について