ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
ナイロビ 急成長する大都会

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>


PHOTO

女性の権利
写真=デビッド・アラン・ハーベイ 文=チャールズ・E・コッブ,Jr.

 「私は1965年に政治の世界に入りました。ソマリア生まれの夫には政治活動ができなかったからです」と語るのは、ジェミラ・アルーチ・モハメッド。彼女はナイロビの西約240キロ、ビクトリア湖付近のニャンザ地区で選出された市会議員だ。この時、彼女は野党のケニア・アフリカ人民族同盟(KANU)の一員としてナイロビを訪れていた。彼女が政治家になるとは、誰も予想していなかった。「夫から選挙に立候補するよう頼まれたんです。私は学校に行っていないので、演説の原稿は夫が書いてくれました。私は、女性の権利のために戦いました。当時は女性の指導者はひとりもおらず、国の発行する身分証明書を持っている人はほんのわずかでした。仕事を得るためには夫の名前を使わなければならず、給料は夫に渡していました。こうしたことをいつも不満に思っていました。私があまりにもはっきりものを言うので、夫に政治家をやめてくれと頼まれましたが、もう後戻りはできません。これまでの対立候補はすべて男性で、私は彼らを打ち負かしてやりました。おかげで政治がとても好きになり、女性もリーダーになれるんだということがわかったんです。会議を終えて夜遅く家に帰ると、夫は私を実家に返すぞと脅します。私はこう言ってやるんです。“ここは私の家よ!ソマリアへ返されるのはあんたの方だわ”」

撮影条件


カメラ:ニコン D70
フィルム:デジタル
レンズ:22mm
シャッター速度:1/40秒
絞り:f6.3




天候:記録なし
撮影時間帯:午後5時24分
照明:ストロボ
特別装備:ライトボックス









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について