ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
戦後60年、核兵器の脅威

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>






爆発へのカウントダウン
ビデオ提供=U.S. Department of Energy and Department of Defense

 1946年7月24日、太平洋の中西部に位置するマーシャル諸島ビキニ環礁。深さ約27メートルの海中で爆発は起こった。「クロスロード作戦」と名づけられた二つの核実験のうち、二つ目の爆発だ。使用された爆弾は、長崎に投下されたものとほぼ同型で、200万トンの水を噴き上げ、環礁を1800メートルにわたって削り、無人の船舶9隻を沈没させた。

「Launch Video」をクリックして、再生してください。

動画の再生にはソフトが必要です。動画が再生されない場合にはマクロメディア社のプラグインソフト「フラッシュ・プレーヤー」をダウンロードしてください。(無料)










本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について