ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
中国・遼寧省の化石

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>


PHOTO

歯が物語るもの
写真=O・ルイス・マザテンタ 写真説明=クリフ・ターピー
Fossil courtesy Institute of Vertebrate Paleontology and Paleoanthropology (IVPP), Beijing

 肉食と思われていた恐竜から見つかり、研究者たちを驚かせたウサギのような2本の前歯。インキシボサウルスという名で、体長90センチほどのこの恐竜は、げっ歯類のように前歯が出ている。その歯は、草食動物の歯と同じように磨耗していた。インキシボサウルスは獣脚竜で、明らかに肉食だったティラノサウルス・レックスの仲間であるため、意外な発見だった。インキシボサウルスは、肉食から草食へ変化したジャイアント・パンダと同様に、生存により有利な方向へと進化する中で、摂食生活を変えていったのだ。

撮影条件


カメラ:ニコン F5
フィルム:フジクローム ベルビア50
レンズ:AFニッコール105mm、f2.8マクロ
シャッター速度:1/60秒
絞り:f11




天候:屋内
撮影時間:記録なし
照明:コメット1200w/sパワーパック1台を電源とし、ストロボライトヘッド3台、ソフトボックス、グリッドを使用









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について