ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集

PHOTO

写真=ポール・A・サザーランド

LINE

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 今から2年前、オーストラリア北東部のミッション・ビーチで泳いでいた少年が突然、悲鳴を上げた。少年は祖父に救助されたが、1時間もしないうちに心臓が止まり、死亡した。猛毒クラゲに刺されて、犠牲になったのである。
 ケアンズにあるジェームズ・クック大学のジェイミー・シーモアは、猛毒クラゲの犠牲者を出さないようにするため、発信器を使ってその行動を追跡している。強力接着剤を用いて、長さ40ミリ、直径12ミリの小型超音波発信器をクラゲの傘に付けたのだ。彼は、この方法で追跡調査に初めて成功した。
 しかし、この方法も完璧には程遠い。1999年以来、成功したのは7回だけ。おまけに発信器は2日もたたないうちに外れてしまう。
 それでも彼はあきらめず、クラゲの傘の内側へ発信器を装着しようと試みている。
 シーモアの研究対象は、28種ほどいる立方クラゲ類のうちで、最大のキロネックス(学名Chironex fleckeri)。大きさはバスケットボールほど。最多で60本の触手をもち、その長さは4.5メートルにも達する。触手には約50億個の刺胞(中から毒針が飛び出す細胞)がある。
 このクラゲは自ら人間を攻撃することはないが、人間がその触手に触れると数分で死ぬことがある。命をとりとめても、体には紫色の傷跡が一生残る。シーモア自身もそうだ。
 彼はある夜、埠頭近くで大きなクラゲに遭遇した。「気がついたら、両手と両足にクラゲの長い触手が絡み付いていた。海から上がると、まっすぐ歩けず、涙がぽろぽろ流れてきた」。彼はポリウレタン製のウェットスーツを着ていたため、命は助かった。クラゲの毒を抑える酢をすぐに付けたのも良かったようだ。
 このクラゲとの接触を避ける一番の方法は、出現する時期や場所を知ることだ。ほとんどのクラゲは目がなく漂うだけだが、キロネックスは24個の目があり、秒速1.5メートルで泳げる。この目と遊泳力で魚を捕まえるのだ。さらにシーモアが追跡した数匹は、昼間は活発に動き、夜は海底でじっとしていた。この習性は、ほかのクラゲにはない。
 シーモアの同僚テレサ・キャレットは、このクラゲは成長するにつれて毒性が強くなることを突き止めた。幼いクラゲは刺胞の5%にしか毒がなく、小エビを捕らえるだけだが、成長すると刺胞の50%に毒をもつようになり、大きな獲物を襲う。
 一般の人々が危険性を知るようになったため、このクラゲによる死者は減っている。また、多くの遊泳区域では「スティンガー・ネット」と呼ばれる防護網を張っている。このクラゲは通常11月から6月に発生するが、シーモアはコンピューター・モデルを作製し、毎年どの時期にクラゲがいなくなるか予測している。
 「このモデルを使って、市はスティンガー・ネットを外す時期を決めている」とシーモア。「これが私たちの研究で一番うれしい成果です」

――ジョン・L・エリオット

BOOK






関連リンク

トロピカル・オーストラリアン・スティンガー・リサーチ・ユニット:ケアンズのジェームズ・クック大学による、キロネックスなど立方クラゲに関する情報満載のサイト。ジェイミー・シーモアらによる調査研究も紹介。
http://www.jcu.edu.au/interest/stingers

カリフォルニア大学バークリー校・古生物博物館:立方クラゲとその祖先の化石に関する情報を掲載。
http://www.ucmp.berkeley.edu/cnidaria/cubozoa.html



トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について