ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
天然ガス開発で危うい米国西部の自然

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

Line

該当号の購入は
買い物カゴに入れる

年間購読のご案内


PHOTO

密度の問題
写真=ジョエル・サートレイ

 コロラド州南西部、ローン・プラトーの斜面を埋め尽くす、ガス田とパイプライン、連絡道路。この一帯には8ヘクタール当たり1基の割合でガス井が設けられ、天然ガスが掘削されている。コロラド川グランド・バレーの住民の中にはこの変貌ぶりに心を痛める人もいる。グランド・バレー市民同盟の代表を務めるデューク・コックスは「130とか60ヘクタールに1基のガス井なら、その影響はなんとか抑制できるでしょう。しかし8ヘクタールとか4ヘクタールごとに1基となると、もう工業地帯同然です」と嘆く。コックスのグループは他のグループと協力して、探鉱・開発の触手が台地の上まで届くのをなんとか食い止めようと闘っている。そこは野生生物と自然を楽しむ人々にとっての安息の地なのだから。

撮影条件


カメラ:ニコン F5
フィルム:フジクローム ベルビア
レンズ:広角 望遠
シャッター速度:1/125秒
絞り:f/5.6




天候:晴れ
撮影時刻:午前8時
照明:自然光









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について