ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

アメリカ南北戦争の戦跡
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>



map
拡大図へ >>

PHOTO

文=アダム・グッドハート 写真=マイケル・メルフォード

LINE

1861~63年、奴隷問題を焦点として米国が南北に分裂して戦った南北戦争。今、失われつつあるその戦跡保存に人々が立ち上がりだした。

LINE

 我々と知り合うこともない未来の世代が、崇高な目的のために命をかけた人々やその場所について知ろうとする時、必ずや死と決別したこの平原を訪れ、深く思いをめぐらせるであろう(北軍の将軍ジョシュア・L・チェンバレン)。

詳しくは本誌をお読みください。


該当号インデックスへ

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 南北戦争の戦地巡礼と戦没者慰霊碑の製作は、戦争が終結する前から行われていた。男性は戦友を埋葬して弔い、女性は死んだ恋人をしのんで簡単な葬儀をあげた。周知のとおり、エイブラハム・リンカーン大統領は、1863年のゲティズバーグ会戦で戦死した北軍兵士を、自由のために「死力を尽くした」と称えた。歴史学者デビッド・ブライトは「これほど多数の戦死者を出した以上、この戦争には意義付けが必要だった」と述べている。
 ブライトは、著書『人種と再統一:アメリカ南北戦争の追憶』の中で、米国の伝統である戦没将兵記念日が南北戦争後、さまざまな式典からどのように始まったかを伝えている。それまで注目されなかった記録を詳しく調べるうちに、ブライトはサウスカロライナ州チャールストンで1865年5月1日にある行事が行われたことを発見した。彼は、これを最も初期の戦没将兵記念式典とみなすべきだと述べている。
 この式典は、町の競馬場につくられた捕虜収容所で死んだ、200人以上の北軍兵士をまつる墓地の竣工式として、チャールストンのアフリカ系米国人によって行われた。この戦死者たちは、当初、他の多くの兵士同様、墓標のない巨大な墓穴に、棺もなしに埋葬されていた。しかしこの黒人たちは、戦争が終わるとすぐ、しかるべき墓地を建設し始め、そこに「競馬場での犠牲者」と記した塀とアーチ道を設けた。
 元奴隷を中心に、約1万人の男性、女性、子供がこの式典に参加した。アポマトックスでの南軍降伏からひと月たらずのことだった。設立間もないチャールストンの自由民の学校に入学した黒人児童約3000人が、バラの花を手にこの墓地を囲んだ。
 ある記者は、「献花が終わると、神聖な墓地は、塚の頂上から斜面、塚と塚の間の通路にいたるまで花で埋まり、一片の土も見えなかった」と記した。そして国歌を歌う児童たちの声が、群衆の頭上に響きわたった。地元の牧師と奴隷制廃止論者は演説を行い、集まった人々はピクニックのお弁当を楽しんだ。最後に、第54マサチューセッツ州志願兵連隊や第35、第104米国黒人部隊などの北軍兵士が、墓のまわりを行進して追悼の日を締めくくり、ゲティズバーグでのリンカーン大統領の演説さながらに、おごそかに犠牲者をとむらった。
 北軍兵士の遺体は、その後地元の別の墓地に移されたが、2002年5月、兵士と彼らを追悼した人々両方を称えて、チャールストンのハンプトンパークにある1865年の墓地跡に史碑が作られた。

――シェリー・スペリー

BOOK






関連リンク

南北戦争戦跡保護プログラム:国立公園局のこのプログラムは、南北戦争の戦跡の保全をめざす団体に資金と助言を提供している。このウエブサイトには、支援に関する最新情報と、公園局が管理する戦跡と史跡に関するさまざまな歴史文化情報が紹介されている。また南北戦争の戦跡に関する保存委員会のリポートへのリンクもあり、各地での戦闘と死傷者に関する詳しい情報を入手できる。
http://www.cr.nps.gov/hps/abpp/civil.htm

南北戦争戦跡保護トラスト:全米各地の戦跡保護運動について最新の情報を提供。ここでの情報をもとにあなたも戦跡保護活動に参加してみよう。南北戦争ゆかりの地をめぐる旅行コースや催し物も紹介されている。教師や学生向けの学習コーナー(History Center & Classroom)もある。
http://www.civilwar.org/

カーター・ハウス:テネシー州のフランクリン会戦に関する情報を提供している博物館のウエブサイト。
http://www.carter-house.org/

モリス島:南北戦争の戦跡、サウスカロライナ州モリス島の歴史を紹介するウエブサイト。保護活動に関する最新情報も提供。
http://www.morrisisland.org/





日本版の過去記事

2004年9月号「難破船リパブリックの金貨を探せ」

2002年7月号「潜水艇ハンレー 南北戦争の新兵器」


トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について