ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

古代エジプトの聖地、アビドス
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>



map
拡大図へ >>

PHOTO

文=ジョン・ガルビン 写真=ケネス・ギャレット

LINE

5000年の昔から、信仰の地として栄えた古代エジプトのアビドス。その遺跡では、豊かな来世を願った死者たちの墓所の調査が進んでいる。

LINE

 伝説によれば、統一エジプト(紀元前2950年頃)の初代ファラオとして君臨したアハ王は、狩猟中にカバに襲われて命を落としたという。その凶報は、王に仕えた人々の心に、殉死という恐ろしい運命を予感させた。

詳しくは本誌をお読みください。

最新号紹介ページへ戻る

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 アビドスにおける初期の発掘は、現在のような、土を慎重にこすり落として丹念にふるいわける調査方法とはまるで違っていた。1000年もの間、発掘は考古学調査のためというより宝探しが目的だったからだ。古代エジプト人たちは、祖先の墓を次々に荒らしていった。王が埋葬されている場所には、黄金や銀、宝石があると知っていたからだ。初期の西洋の考古学者たちのやり方も、盗掘と変わりなかった。
 1895年、フランスのエミール・アメリノーは、エジプト考古局長官から、アビドスを数年にわたって独占的に発掘する許可を与えられた。アメリノーはこれを自分のしたいようにし、ほしいものは何でも手に入れられる権限とみなした。彼は出土品のなかでも無傷のもの、立派なもの、高く売れるものにしか興味がなかった(アメリノーは、オシリスの巨像をはじめ、そうしたものを数多く見つけた)。彼が目もくれなかったそれ以外の大量の出土遺物は、今日では貴重な財宝とみなされている。言い伝えによると、アメリノーは古代エジプト第1王朝時代の木工品を大量にたき火にくべて、持ち去る価値はないと考えた人工遺物を破壊したと自慢げに話したという。
 アビドスの初期の発掘にまつわる興味深いエピソードのひとつに、失われた腕の謎がある。1899年、英国のフリンダース・ピートリがアビドスの発掘調査をおこなった。彼はアメリノーよりもはるかに慎重で組織的な発掘を進め、アメリノーの発掘した場所のほとんどを調査しなおして、ずさんな調査で見過ごされていたものを見つけた。第1王朝のジェル王の墓で、ピートリはミイラ化した1本の腕を発見した。美しい黄金や宝石を施した腕輪を何本もつけたその腕は、墓の壁面の小さな穴のなかに入っていた。ピートリはジェル王の王妃の腕ではないかと考えた。
 ジェル王自身の腕、もしくは王のかたわらに埋葬された身分の高い者の腕という見解もある。だが、真相が明らかになる日が来ることはもうない。ピートリは当然のこととして、腕と腕を包んでいた亜麻布、腕輪をカイロ博物館に送った。ところが館長は、展示のために腕輪を切りとると、干からびた腕と亜麻布を捨ててしまったのだ。後にピートリは「博物館とは危険な場所だ」と述べている。

――エリザベス・スノッドグラス

BOOK






関連リンク

「アーキオロジー」誌:2001年、「アーキオロジー」誌は近年の発掘調査によって明らかになった古代アビドスの数々の発見を2号にわたって掲載した。このサイトでは、マシュー・アダムズ、デビッド・オコナー、ウィリアム・ケリー・シンプソン、ブレンダ・ベイカー、シェリル・ワードといった専門家たちの論文の抜粋を読むことができる。
http://www.archaeology.org/online/features/abydos/index.html

エジプトの遺跡/アビドス:アビドスの重要な建造物の概要がわかるサイト。有名なセティ1世、ラメセス2世の葬祭殿のほか、砂漠の遺跡も紹介されており、ミイラにしたさまざまな動物や鳥の貯蔵室に関する記述もある。
http://www.egyptsites.co.uk/upper/abydos/menu/abydos_menu.html

ジェル王の墓:ジェル王の墓にまつわる歴史が詳しく説明されている。ジェル王の墓とオシリスが結びついた経緯、オシリスの復活祭と墓の重要性の高まり、アメリノーとピートリの発掘調査などがわかり、王墓とその付属墓の略図が内容を充実させている。
http://www.touregypt.net/featurestories/djertomb.htm

エジプト王の墓の発展:ナショナル ジオグラフィック協会付き探険家のザヒ・ハワス博士が、エジプト王の墓の発展の過程を章ごとに詳述している。特にアビドスに関連する章としては、「ピラミッドの形状とその役割」「ピラミッド複合体の建築要素」「初期のピラミッド:ナルメルからスネフェルまで」などがある。
http://www.guardians.net/hawass/mortuary1.htm





日本版の過去記事

2003年1月号「エジプトの秘宝 輝かしい文明の遺産」

2003年11月号「古代エジプトの墓の謎」

2002年10月号「サッカラ遺跡 古代エジプトの王家の墓所」

2001年9月号「古代エジプト 謎の権力者の墓を発見」

1998年11月号「古代エジプト、謎の神官の墓」


トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について