ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
グルジアのドマニシ原人

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>


PHOTO

太古のパズル
写真=ケネス・ギャレット

 発掘隊の考古学者たちが書いたメモには、発見の日付、発見された位置、推定される種など、それぞれの骨についての基本的な情報が記されている。骨はクッションの役割を果たす土を敷いた箱の上で研究員の手によって汚れを落とされる。その後、古生物学者マーサ・タッペンが骨を調べ、石器による傷跡など、現地の生物についての手がかりを探る。「こうした傷跡は、原人が動物を解体して肉を食べていたという証拠になります」とタッペンは言う。初期人類は肉を見つけてきて食べるこの能力によって、アフリカを離れてなお生き残ることができたのではないかと、彼女をはじめとする学者たちは考えている。

撮影条件


カメラ:ニコン F5
フィルム:フジクローム プロビア100
レンズ:Micro Nikkor 60mm F2.8D
シャッター速度:1/15 秒
絞り:f/5.6




天候:屋内
撮影時間帯:午後
照明:窓からの明かり









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について