ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
米国ソルトン湖の危機

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>


PHOTO

コンクリート製のライフライン
写真=ガード・ルードヴィグ

 ソルトン湖の南、肥沃な農地が広がるインペリアル渓谷をまっすぐに走る用水支線の上に、新しい朝がやってくる。約2400キロのこの用水路は、コロラド川の水を渓谷の農地に運んでいる。この水路なしでは、年間7センチしか雨が降らない渓谷と、農地から出る水を水源とするソルトン湖は、砂漠に逆戻りしてしまうだろう。2003年に成立し様々な議論を呼んでいる水売却契約により、インペリアル渓谷を流れるコロラド川の水3億7000万立方メートルは、コーチェラ渓谷やサンディエゴに移されることになっている。農地から都市への水の譲渡量としては国内史上最大となるこの契約は、西部の政治勢力の変化を反映すると同時に、カリフォルニア最大で、最も風変わりな湖の死を早めることにつながる。

撮影条件


カメラ:キヤノン EOS-1V
フィルム:エクタクローム100
レンズ:EF 17-35mm f/2.8ズーム
シャッター速度:1/30秒
絞り:f/11




天候:切れ切れの雲
撮影時間帯:夜明け
照明:自然光









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について