ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

カフェインの功罪
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO

文=T・R・リード 写真=ボブ・サシャ

LINE

カフェインは、脳を興奮させ、神経をざわつかせ、眠気を奪う。でも、人はカフェインなしではいられない。

LINE

 肉体の疲労回復と覚醒。これがカフェインの2大作用である。そのため、気分転換を図る薬としての普及度は、ニコチンやアルコールをはるかに上回る。

詳しくは本誌をお読みください。


サイト&サウンド
最新号紹介ページへ戻る

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

知られざるカフェイン:ガラナ

 ガラナはソーダ類や栄養ドリンクをはじめ、ダイエット食品などにも含まれている成分だ。アマゾン原産のツル性植物の種子を加工したもので、先住民はこれを食品や飲み物、薬品の原料として用いてきた。実はガラナはコーヒーや紅茶、カカオやコーラよりはるかに多量の天然カフェインを含んでいる。南米、とりわけブラジルではガラナ・ソーダの形で広く飲まれているが、興奮剤として今やさまざまなエネルギー飲料にも使われている。天然のカフェイン代用品と称して販売されることもあるが、カフェインである点に変わりはない。栄養ドリンクの成分表示をよく見てほしい。カフェインとガラナの両方が書かれていたら、二重にカフェインを摂取することになるのだ。

――ハイディ・シュルツ

BOOK






関連リンク

メイヨー・クリニック:カフェインが子供に与える影響や飲み物に含まれるカフェインの量、カフェインと血糖値やダイエットとの関係など、栄養に関する質問に専門スタッフが答える。
http://www.mayoclinic.com/findinformation/answers/answerlist.cfm?objectid=201572E7-6828-4E24-9BCA07FB0E36B951

ハウ・コーヒー・ワークス:コーヒーの起源、豆の産地、カフェインに関する科学的知識を紹介。
http://home.howstuffworks.com/coffee.htm
http://home.howstuffworks.com/caffeine.htm

ティー・アンド・コーヒー・トレード・ジャーナル:紅茶・コーヒー産業関係者向けのサイトだが、「インドの香り豊かなコーヒー」や「ハーブ・ティーの正しいブレンド法」など一般の人も楽しめる。
http://www.teaandcoffee.net/

米国立医学図書館のサイト:カフェインと健康に関する最新の研究を要約して紹介している。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi



トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について