ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
阪神・淡路大震災の教訓

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>


PHOTO

ガス漏れを食い止める
撮影=清水 健

 4人の職員が交替で24時間監視しているのは、東京ガスの総合地震防災システム。阪神・淡路大震災をきっかけにつくられたこの防災システムは、首都圏が大地震に襲われた時に危険な地区へのガス供給を素早く停止し、火災を招くガス漏れを最小限に食い止めるシステムだ。政府の中央防災会議は、首都直下でM7級の地震が発生した場合、最悪で約1万2000人が死亡、建物の全壊・焼失は約85万棟に上ると想定している。

撮影条件


カメラ:キヤノン EOS-1N
フィルム:フジクローム プロビア100F
レンズ:70-200mm
シャッター速度:1/30秒
絞り:f/4




天候:室内
撮影時間帯:午前
照明:蛍光灯









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について