ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
阪神・淡路大震災の教訓

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>


PHOTO

飛ばされた屋根
撮影=大村 洋司

 2004年10月23日に発生した新潟県中越地震で震度6強の揺れに見舞われた小千谷市にある二荒(にっこう)神社。入り口近くの手水舎(てみずや)の屋根は数メートル離れた参道に落下、揺れの凄まじさを物語る。この神社では、石造りの鳥居も倒壊した。地震で揺れの強さを示すものとして加速度があるが、震源に近い小千谷市では加速度1500ガルを観測し、同じ直下型地震だった兵庫県南部地震の最大値818をはるかに上回った。

撮影条件


カメラ:キヤノン EOS-1N
フィルム:フジクローム プロビア400F
レンズ:28-70mm
シャッター速度:1/125秒
絞り:f/8




天候:晴れ
撮影時間帯:日中
照明:自然光









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について