ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
阪神・淡路大震災の教訓

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>


PHOTO

希望の灯り
撮影=清水 健

 東遊園地にある「希望の灯(あか)り」は、被災した市民の「生きている証」として、ともり続けている。写真の女性はガラスケースをほぼ毎日、掃除している。灯りの台にはこんな碑文が記されている。
 「1995年1月17日午前5時46分 阪神淡路大震災
 震災が奪ったもの
 命 仕事 団欒 街並み 思い出
 …たった1秒先が予知できない人間の限界…
 震災が残してくれたもの
 やさしさ 思いやり 絆 仲間
 この灯りは 奪われた すべてのいのちと 生き残った わたしたちの思いを むすびつなぐ」

撮影条件


カメラ:キヤノン EOS-1N
フィルム:フジクローム プロビア100F
レンズ:17-35mm
シャッター速度:1/250秒
絞り:f/11




天候:晴れ
撮影時間帯:午前
照明:自然光









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について